上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
はじめまして!北海道学生愛馬会のアヤカです。 私が今回注目したのは、『JBCにおける牝馬たちの戦歴』です。まずは2001年~2007年までの華麗なる女達の戦いを振り返ってみましょう。

【2001年】JBCin大井 ☆スプリントアインアイン(牝4・大井)セクシーディナー(牝4・大井)ゲイリーイグリット(牝6・JRA)トシザミカ(牝・6JRA)ブロードアピール(牝7・JRA)メジロダーリング(牝・5JRA) ◎13頭中牝馬6頭 ★クラシック牝馬出走無し

【2002】JBCin盛岡 ☆スプリントアインアイン(牝5・大井)ベネチアンテンズ(牝3・兵庫)ヤマカツスズラン(牝5・JRA) ◎15頭中牝馬3頭 ★クラシックセクシーディナー(牝5・大井)プリエミネンス(牝5・JRA) ◎14頭中牝馬2頭

【2003年】JBCin大井 ☆スプリントフェスティバル(牝4・大井) ◎15頭中牝馬1頭 ★クラシックネームヴァリュー(牝5・船橋) ◎15頭中牝馬1頭

【2004】JBCin大井 ☆スプリント牝馬出走無し ★クラシック牝馬出走無し

【2005】JBCin名古屋 ☆スプリント牝馬出走無し ★クラシッククインオブクイン(牝3・笠松)ユウキャラット(牝・JRA)レイナワルツ(牝5・愛知) ◎12頭中牝馬3頭

【2006】JBCin川崎 ☆マイル(スプリント)グレイスティアラ(牝3・JRA)メイショウバトラー(牝6・JRA) ◎14頭中牝馬2頭 ★クラシッククインオブクイン(牝4・笠松)テンセイフジ(牝4・川崎)レイナワルツ(牝6・愛知)レマーズガール(牝6・JRA) ◎14頭中牝馬4頭

【2007】JBCin大井 ☆スプリントクイーンロマンス(牝6・笠松)メイショウバトラー(牝7・JRA) ◎16頭中牝馬2頭 ★クラシック牝馬出走無し

この7年間で19頭(24)の牝馬達がJBCの栄冠を目指し、駆け抜けましたが…残念ながらまだ牝馬の優勝馬は存在していません。 2001年JBCスプリントのブロードアピール2着2002年JBCクラシックのプリエミネンス2着2006年JBCマイルのメイショウバトラー2着 これらが最先着のレースです。2着はあるんですけど……

メイショウバトラー

私も同じ牝として、なんだか歯痒いといいますか、悔しいです。優勝が全てではありませんが、やはり女の子が先頭きって堂々とゴールするのを見るのはなんだか清々しいというか…嬉しい気持ちも倍増します!

私以外にもこういう女性、けっこう多いと思うのですが……いかがでしょうか??

例えば、レースで牡馬ばかりの中、唯一1頭牝馬がいたとしましょう。

…応援したくなりませんか!!?(私だけ?笑)
思わず馬券を買ってしまったり、。

その牝馬に自分自身を重ねてしまうのかもしれませんね。


さぁ今年こそは牝馬優勝!!2008年度の出走予定牝馬は… JBCスプリントにクィーンロマンス(牝7・笠松)メイショウバトラー(牝8・JRA) の名前があがっています。

ただ、クィーンロマンスが地方枠の補欠馬なのでどうなるか微妙なラインですが…。ぜひこの2頭が出走、両馬ともに頑張ってもらいたいです!

メイショウバトラーは3回目、クイーンロマンスは2回目の挑戦となります。(2007年もこの2頭のチャレンジでしたね) メイショウバトラーが2着になった2006年のJBCマイル、優勝したのはブルーコンコルド。先日岩手は盛岡で行われた南部杯でもブルーコンコルド優勝の、メイショウバトラー2着……今年のJBCでこの鬱憤を晴らして欲しいところです。

南部杯

クィーンロマンスは地方所属枠の唯一の女の子。ここは出走権利を得て、地方女子代表として頑張ってきて欲しいところ!

クィーンロマンス

今年のJBCクラシックは牝馬の参戦が無いようで…残念です。その分、スプリントの2頭には期待しています。 2008JBCスプリント、私の理想とするゴール前は…最後の直線、クィーンロマンスとメイショウバトラーが並んで追い比べ!牡馬達が追い、2頭を飲み込もうとする…それでもそれを突き放して意地を見せる2頭。最後は2頭並んでゴール!一体どちらが勝ったのか…!??なーんて……勝手に妄想しています。

そしてJBCのデータを調べていくうちに分かったのですが、私のホームであるホッカイドウ競馬所属の牝馬は1度も出走したことが無いのです。

牡馬だと【2002】JBCクラシック シンコウリーダー 【2003】JBCスプリント シルバーサーベル 【2004】JBCスプリント シャンハイジャンプ 【2006】JBCマイル バンブーボカ 【2007】JBCスプリント アドミラルサンダー と何度か挑戦歴があるのですが。

JBCへの道はまだまだ、北海道の牝馬達には厳しい道のりなのでしょうか…?来年は北海道の牝馬がJBCに出走していることを願います!

北海道だけではなく、全国的に見ても牝馬の出走頭数が少ないですし、なかなか険しい道なのですね…。一流ダートホースの牡馬達を相手にするのだから、険しくないはずないですよね。

それでもやはり、JBCにおいて私が願っていることは…牝馬の優勝なのです。

決して牡馬達を応援しないわけではありません。けれどもやはり私と同じ性を受けた、牝馬たちをより応援してしまうこの心理。 でもこれもまた一つの競馬の楽しみ方・見方ではないかな?と思います。

もっと言えば、北海道の牝馬達が優勝する瞬間を見たいですね!

そしてさらに、もう一つ贅沢が許されるならば、現地北海道にてJBCを開催、応援、さらに優勝の瞬間も目撃したい!と思っています。そしてJBCがきっかけでホッカイドウ競馬・初参戦!というお客さんもきっといらっしゃると思うので…

これをきっかけにホッカイドウ競馬の良さを知ってもらえたらなぁ…と思ったり。

もちろん、同時に北の女の強いところも見せつけたいですしね♪笑

結論。
JBCに出走する女の子、(今年はクィーンロマンスとメイショウバトラー)みんな頑張れっ!!

砂の女王目指してゴールを目指せ!

私は北の大地から、ゴール前であなた達の背中……
というかお尻?を押せるように、念を送ります

(笑 全ての女の子たちに幸あれ☆

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。
JBCイラスト




アヤカさんが所属する北海道学生愛馬会のBLOGはこちら・・・
北海道学生愛馬会
ホッカイドウ競馬のスゝメ
スポンサーサイト
2008.10.25 Sat l JBCリレーコラム TB(0) l top ▲

トラックバック

トラックバックURL
→http://jbc2008.blog86.fc2.com/tb.php/6-03ef3993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。