上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
早いものでJBCも8回目を迎えた。

JBC100001


第1回がつい最近のことのようにも思うが、
そのときの勝ち馬がレギュラーメンバー(クラシック)、
ノボジャック(スプリント)だったことを考えれば、
ずいぶん前のことのようにも思う。

JBCに対する意気込みも、
この8年間でだいぶ変わってきたように思う。
特にそれは中央の関係者に話をうかがうときに強く感じる。

JBCがスタートして何年かは、
たとえば夏から秋にかけて
ダートグレードのレース後などに勝利調教師に話を聞くと、
その後に行われるJBCのことは
あまり意識されていない方が多かった。

ところがここ何年かは、
早い時期から目標として
「JBC」を挙げてくれる関係者がなんと多くなったことか。

もちろん中央の厩舎関係者にとって、
ダート路線における最大の目標はジャパンCダートなのだろうが、
その前にJBCを使うのか使わないのかについて、
意識されている方がかなり増えた。


秋のダート路線の王道として、
JBCクラシック→ジャパンCダート→東京大賞典という路線が
完全に定着したということだろう。

JBC100000


今年は登録の段階からも中央勢の本気度がうかがえた。
スプリントもクラシックも、
最初に発表された選定馬が1頭も回避することなく、
それゆえ補欠馬が1頭も繰り上がることができなかったということ。


もちろん競馬は生き物である馬が主役ゆえ、
怪我をしたり、調子が悪ければ回避するということも避けられない。

とはいうものの、
選定馬からまったく回避馬がなかったということは、
すべての陣営が本気でJBCを目標にしていたと考えることはできる。

地方馬にしても、スプリント、クラシックともに
選定されていながら回避した馬は
1~2頭ずつしかなかったように記憶している。

地方競馬だけでなく、中央の関係者にも
それほどまでに注目されるようになったJBCをさらに盛り上げ、
大きなイベントにするには、
やはりレースのカテゴリーを増やすことが必要だろう。

JBC100005


本場アメリカのブリーダーズCをお手本に、
将来的にはレースを増やすということも
JBCの当初の理念として掲げられていたはずだ。


ただ、ダート競馬の現状を考えれば、
闇雲にレースを増やしたのでは、
メンバーが分散してしまい、
レースが興味を欠いたものになってしまう可能性は十分に考えられる。

そもそも地方競馬は、大井、盛岡、門別以外のコースでは、
さまざまな距離のレースを行うこと自体が難しい。

可能性があるとすれば、
牝馬限定戦と2歳戦の新設だろう。

牝馬限定のダートグレードは、
現状エンプレス杯のJpnIIまでしかないため、
JpnIをつくる意味は大いにある。

問題は2歳戦のほう。
すでに2歳馬によるダートの頂点として
12月中旬に全日本2歳優駿JpnIがあるだけに、
10月下旬から11月上旬に2歳戦のJpnIをやるには無理がある。

ただ、中央では2歳馬のダート路線があまり充実していないので、
JpnIIIの2歳戦なら増えてもいいように思う。

再来年の10周年あたりで、
JBCの拡大策として、
牝馬限定戦と2歳戦(もしくはどちから片方だけでも)の
JBCを新設するというのはどうだろう。



斎藤修さんのブログはこちら・・・
斎藤修の重賞ピックアップ
日々の覚え書き


スポンサーサイト
2008.11.03 Mon l JBCリレーコラム TB(0) l top ▲

トラックバック

トラックバックURL
→http://jbc2008.blog86.fc2.com/tb.php/40-cad7d15d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。