上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
多くの皆様には、「はじめまして」になるかと思いますが、
私は、ネット上で「みっきぃ」を名乗る中年のおっさんです。
兵庫県三木市に住んでおります。
市内には、乗馬もできる三木ホースランドパークと、
最近オープンしたばかりの園田・姫路の場外売場「DASHよかわ」があり、
素晴らしい馬環境が整っております(^_^;(是非、遊びに来てくださいね!)
熊沢重文騎手のファンである関係上、普段は中央競馬が主なフィールドであり、
地方競馬の売上げにはあまり貢献できていないのが心苦しいところです。
そんな私に、JBCにまつわるリレーコラムの依頼があり、
さてどうしたものかと思いましたが、
我が地元・兵庫で開催されるJBCを盛り上げようとしていただいている皆様に、地元の人間として少しでもお役に立てたらと引き受けさせていただきました。

S49


私は、競馬ファンである以前に、鉄道ファン、いわゆる「鉄ちゃん」でして、
旅をすることは少年の頃から大好きでした。
このため、15年前に競馬に興味を持ち始めるようになってからは、
旅の一部に競馬場を組み込むようになりました。
その結果、地方競馬にはあまり軸足を置けていないと言いつつも、
本年の9月に高知競馬場を訪問することで、
競馬場ベースでは国内の現存する全競馬場の訪問を達成することができました。
(開催者ベースでは、ホッカイドウ競馬の札幌競馬場が残っている)
競馬場ベースでは、順当に地元の園田が地方での初訪問だったのですが、
私の地方競馬初体験は、実は、中京競馬場だったのです。
当時は、「東海桜花賞を見に行くよ!」と、
長年の鉄道仲間の誘いで連れて行ってもらっただけだったのですが、
今思えば、地方競馬のファンが羨むような貴重な体験だったのですね。

もう、十何年も前のことなので、初めて園田に行ったときの思い出は薄れています。
覚えているのは、ゴールデンウィークの最中で、
かなり人の密度が高かったことと、
同行した友人とともに全然払い戻しがなく、
後で梅田でヤケ酒をあおっていたくらいのことです(^_^;
平日開催が中心のため、地元であってもなかなか足を運べないのが残念ですが、
勤務地が神戸市内になったここ数年は、
年に3~4度ほど、午後に休暇を取って「兵庫県の事業推進に協力して来ます!」と言い残し、
園田(たま~に姫路)に向かったりもしています。
人が仕事をしている昼間っから、明石屋さんのたこ天をつまみに飲むビールって、
なんであんなに美味いんでしょうね!
これを味わうだけでも幸せな気分になれると言うものです。
その幸せが、馬券にはなかなか表れないのが辛いところですが・・。

園田で一番嬉しかった思い出と言えば、やはり、熊沢騎手がドンクールで勝利した、
05年の兵庫チャンピオンシップです。
熊沢騎手の平地での重賞勝利は、01年の新潟記念以来だったので、喜びはひとしおでした。
その勢いで、ユニコーンステークスやジャパンダートダビー、果てはエルムステークスにも現地に応援に行きましたが、残念ながら結果は出せずに、その後、熊沢騎手とのコンビも解消されてしまいました。兵庫チャンピオンシップは、賞金はGIII時代より減ったのにGIIに格付けされており、
そのせいでユニコーンステークスでのドンクールは他馬より1キロ増。
これがなければどうなっていただろうかと、
見せかけだけの格上げを今でも恨めしく思っています。
もし、あのコンビのまま、もっと勝利を重ねられたら、
今回のJBCでは・・そんな妄想も頭に浮かんだりします。

そのJBCについては、開催地が東の方に偏っていて、
どうしても「東日本のお祭り」と言う印象しかありませんでした。
第5回は名古屋まで来ましたが、
このときは、正直なところ、
わざわざ交通費を使ってまで現地に行こうとまでは思いませんでした。
少しずつ園田・姫路にも通うようになり、
また、地方競馬ファンの方々の話を聞くにつれ、
一度は地方競馬の祭典とも言えるJBCを見に行きたいと思い、
第6回の川崎には行く気満々になっていたのですが、諸々の事情(ぶっちゃけ、嫁ストップ(^_^;)のため参戦はかないませんでした。
それだけに、第8回が園田に決まったと知ったときには、
是が非でも現地に行かねば!と強く思いました。
人ごみが嫌いな私が、
今まで体験したことがないほど高密度の状態が予想される
園田競馬場に飛び込むのは勇気がいることですが、
地元の競馬場の晴れ舞台に立ち会わないとなると、
自らの競馬人生に大きな悔いを残すことになるように思えてなりません。

JBCbanaa


そもそも、地方競馬を愛してやまない皆さんがたくさん集まるこのブログで、
私ごときが地方競馬について熱く長く語るのには無理があります。
そこで、最後は私らしく、園田競馬場へのアクセス情報をお知らせしましょう。
阪急園田駅から無料バスに乗れば行ける・・のは皆さんご存知ですよね(^_^;
JR尼崎駅からも普段から少しは出ているのですが、
JBC当日は大増発です。
ただ、当日は相当な混雑が予想されますから、
無料バスなんてアテにしていたら、
いつまで経っても競馬場に着けないかもしれません。
もし、園田駅のバス乗り場に長い行列ができていて「どうしよう・・」と思ったら、
迷わず歩いてみましょう。
多分、同じことを考えている人は多いでしょうから、
道に迷うことはないと思います。
ゆっくりめに歩いても30分はかかりませんから、
いい運動になるはずです。
歩いた後は、競馬場できっと、ひと味違ったビールが飲めることでしょう(^_^;

待つのは嫌、歩くのも嫌、
でも、タクシーは高いからもっと嫌!・・と言う方には、
尼崎市営の路線バスもありますよ。
運賃は200円で、園田駅から競馬場へは、
違う系統でそれなりの本数があります。乗り場は、駅の北側で、無料バスよりも手前にあります。
その他、阪急塚口駅、阪神尼崎駅、JR猪名寺駅からも
30分に1本程度運行されています。
猪名寺駅なんかは、地元の人しか使わないような小さな駅ですから、
楽に乗れそうに思います。
詳しい時刻は、尼崎市交通局のサイトで調べてくださいね。
ちょっと変わったところでは、
園田駅構内に1日300円のレンタサイクルもあるので、
帰りをお急ぎの方にはお勧めです。
当日は、競馬場の塀際の通路が全面駐輪禁止で、
中央入場門南の第2駐車場が臨時の駐輪場になります。
普段から園田に行きつけている方も、
たまには違う方法で競馬場に行ってみれば、
気分一新で運気一変、馬券が当たりまくるかもしれませんよ~(^_^;

待ちに待った、地元でのJBC開催まで、もうあとわずか。
当日の場内の混雑具合がちょっと心配ですが、
大きなトラブルがなく、大成功に終わることを祈っております。



みっきぃさんのWEBサイトはこちら・・「あおやま馬車鉄道局~熊沢重文応援サイト~

スポンサーサイト
2008.11.01 Sat l 徒歩アクセス TB(0) l top ▲

トラックバック

トラックバックURL
→http://jbc2008.blog86.fc2.com/tb.php/31-b2daec6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。