上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
JBCスプリントは我が国唯一のダートスプリントG1級競走。JBCの基本的なコンセプトから毎年のように施行条件が変わるため、なかなか分析の難しいレースだが、過去7年間のデータから第8代のダートスプリントチャンピオンの姿に迫ってみたい。

まず、過去7年間のJBCスプリントの施行条件をおさらいしておく。

第1回(2001年):大井ダ1,200
第2回(2002年):盛岡ダ1,200
第3回(2003年):大井ダ1,190
第4回(2004年):大井ダ1,200
第5回(2005年):名古屋ダ1,400
第6回(2006年):川ダ1,600
第7回(2007年):大井ダ1,200

※JBCマイルとして行なわれた。

第8回の今年は園田ダ1,400。1,400で行なわれるのは2005年の名古屋以来2度目となる。

そのだ1400


【性別】~牡馬全勝、牝馬は相当の実績が必要~
牡馬(7-5-7-64)、牝馬(0-2-0-11)、セン馬(0-0-0-2)と過去は牡馬が全勝。牝馬で馬券の対象になったのは2001年2着の“鬼脚”ブロードアピールと2005年2着のメイショウバトラー。ともに既にダートスプリント路線では確固たる地位を築いていた女傑。今年はメイショウバトラーが挑戦予定。昨年1番人気を裏切った雪辱なるか。

【年齢】~5歳優勢、高齢馬の一発に要注意~
3歳(0-0-1-6)
4歳(1-2-0-20)
5歳(4-0-3-12)
6歳(1-2-1-14)
7歳(1-1-1-16)
8歳以上(0-2-1-9)

5歳馬が圧倒的に優勢のデータが残る。今年の該当馬はバンブーエールただ一頭。この世代は前後の世代に比べて陰が薄かったが、JDD、ダービーGP2着の実績を持つ彼がスプリント路線に転じてから復調気配。データ通り、ここで初のG1級制覇となるかどうか。

3歳馬が馬券に絡んだのは2001年3着のフレアリングマズルのみ。2002年ココモキング(2人気9着)、2003年ナイキアディライト(5人気7着)、2005年アグネスジェダイ(3人気8着)などそれなりに期待を集めながら消えた事例が多い。兵庫競馬が生みそして育んだ天才・岩田康誠を鞍上に迎えて上位人気の一角を占めるものと予想されるスマートファルコンはデータを覆すことが出来るかどうか。

注意が必要なのは7歳以上の高齢馬。特に2005年は2着ハタノアドニス(当時9歳)、3着ノボトゥルー(当時9歳)が“オジサンパワー”を炸裂させた。昨年の2着プリサイスマシーンも8歳馬。その一方で、8歳以上は(0-2-1-9)と過去に優勝例がない。日本競馬史上、初のG1級8勝目に王手をかけている8歳馬ブルーコンコルドの運命やいかに。

【所属】~栗東所属馬圧倒、地方所属馬なら南関勢~
栗東(5-5-6-14)
美浦(1-1-0-5)
大井(1-0-1-17)
船橋(0-1-0-9)

馬券の対象になったことがあるのは上記に所属する馬だけで、栗東所属馬が圧倒的な良績を残している。美浦所属馬の勝利は2003年のサウスヴィグラスのみ。

長らくJRA勢に蹂躙され続けてきたスプリントだが、昨年、ついに大井所属のフジノウェーブがその壁を突き破った(ご存知の通り、クラシックを通じても地方所属馬の勝利は初だった)。そのフジノウェーブは今年も参戦予定。連覇達成なるかどうか。

今年のホスト・兵庫勢のこれまでの成績は(0-0-0-2)。2003年のツルマルザムライ8着がこれまでの最高となっている。アルドラゴン、ベストタイザン、グレートステージの3頭は地の利を生かしてこれ以上の結果を残せるかどうか。

そのだゴール版


【騎手】~幸英明、3勝目なるか~
ブルーコンコルドが2005年、2006年のこのレースを連覇していることにより、幸英明(栗東)がこれまで最多の2勝をマーク。今年もブルーコンコルドとのコンビで挑む幸騎手はJBCスプリント3勝目達成なるかどうか。

複数回馬券の対象となっているのは上記の幸騎手以外に、御神本訓史(大井、1-1-0-0)、蛯名正義(美浦、1-0-1-0)、武豊(栗東、1-1-1-3)、福永祐一(栗東、1-0-2-1)がいる。

なお、最多騎乗記録は武豊、内田博幸(美浦)がともに6回。両騎手ともそれぞれメイショウバトラー(武)、リミットレスビッド(内田)で今年も参戦予定となっている。

【調教師】~服部利之、3勝目に王手~
ブルーコンコルドの管理調教師である服部利之(栗東)が最多の2勝をマーク。ブルーコンコルド&幸&服部の名チームは前人未到のG1級8勝目を園田で我々に見せてくれるのだろうか。

複数回馬券の対象となっているのは服部調教師以外に、北橋修二(栗東(引退)、1-0-1-0)、高橋三郎(大井、1-0-1-6)、中村均(栗東、1-1-0-0)、森秀行(栗東、1-1-3-6)がいる。

最多出走記録は予想通り、森秀行(栗東)で延べ11頭を出走させている。南部杯の時とは異なり、こちらは初年度にノボジャックで制覇済。今年はアグネスジェダイの登録があるものの補欠となっており、出走馬はいない見込み。

【人気】~1人気優秀も伏兵の台頭には要注意~
1人気(5-0-0-2)
2人気(0-4-0-3)
3人気(1-2-0-4)
4人気(0-0-5-2)
5人気(0-0-0-7)
6人気以下(1-1-2-59)

1人気が過去に5勝と優秀。馬複が1人気と2人気の組み合わせで決まったのは2001年(ノボジャック→ブロードアピール)、2004年(マイネルセレクト→アグネスウイング)及び2006年(ブルーコンコルド→メイショウバトラー)の3回。昨年は帝王賞以来だったフジノウェーブが7番人気で優勝。6人気以下で馬券の対象となった4頭のうち、JRA所属だったのは2005年3着のノボトゥルーのみ。穴馬は地方所属馬に潜んでいる。

1人気で馬券対象さえ外してしまったのは過去に2頭。2003年ハタノアドニス(4着)、2007年メイショウバトラー(8着)。ハタノアドニスはプレップ東京盃をJRA勢相手に優勝し、地方所属馬初のJBC制覇の期待を一身に背負ったが4着。当時7歳と高齢だった彼には同条件連勝というのは少々厳しい仕事だったようだ。ハタノアドニスの管理調教師、高橋三郎師はその悔しさを昨年、フジノウェーブで晴らしたのは記憶に新しく、ハタノアドニス自身もアウェイの2005年名古屋JBCでブルーコンコルドの2着となり(9人気)、忘れかけた頃にアッと言わせてみせた。メイショウバトラーは前哨戦の東京盃2着からの参戦。1,200に対する慣れも考慮され、リミットレスビッドを抑えて1番人気に支持されたが、伸びを欠き8着完敗。1,200の距離は彼女には結果的に少し忙しすぎたようだ。

【前走着順】~前走1着馬優勢も前走6着以下に要注意~
前走1着(4-4-1-12)
前走2着(1-0-0-12)
前走3着(0-0-0-11)
前走4着(0-1-1-5)
前走5着(0-0-2-6)
前走6着以下(2-2-3-31)

前走1着の勢いのままこのレースを制するのが1つのパターンで過去4勝。その一方で、前走2着、3着だった馬は全くの不振で(1-0-0-23)。馬券の対象になったのは2003年のサウスヴィグラスだけとなっている。

前走6着以下に完敗している馬の巻き返しが多いのが特徴。それぞれのケースを見ていくと次のようになる。

2002年1着スターリングローズ(前走:南部杯7着)
2003年3着スターリングローズ(前走:シリウスS8着)
2004年3着サニングデール(前走:スプリンターズS9着)
2005年2着ハタノアドニス(前走:東京盃7着)
2005年3着ノボトゥルー(前走:東京盃9着)
2007年1着フジノウェーブ(前走:帝王賞11着)
2007年2着プリサイスマシーン(前走:スプリンターズS7着)

いずれも距離等条件の変更により変わり身を見せた馬ばかりで、前走から条件に変化がない馬が完敗から巻き返すのは難しいようだ。

【前走条件】~東京盃、南部杯組中心~
複数の3着以内好走馬を輩出しているレースは次のとおり。

東京盃(3-1-3)(大井ダ1,200。2002、2003年は大井ダ1,190)
南部杯(2-1-0)(盛岡ダ1,600)
シリウスS(1-4-1)(阪神ダ1,400)
スプリンターズS(0-1-1)(中山芝1,200)
南部杯ふじぽん

前走で東京盃、南部杯を使われていた馬が本番で活躍。どちらのレースも「Road to JBC」に指定されているレースであり、しっかりと“トライアル”の役割を果たしていることが分かる。なお、前走がダートグレード競走もしくはスプリンターズSではなかった3着以内好走馬は過去7年でわずかに1頭(2001年3着フレアリングマズル:前走スーパーチャンピオンシップ5着)。前走でダートグレード競走を使われ、ある程度の力を示していないと厳しい。

【前走からの距離変更、条件変更】~同距離組優秀~
延長(0-1-3-13)
短縮(2-5-2-34)
同距離(5-1-2-30)

前走で同じ距離を使っていた馬が好成績を残している。データからは頭は前走で同じ距離を使われていた馬、2着には前走で今回よりも長い距離を使われていた馬が来るケースが多いことが見える。

芝からの転戦組は事例が少ないが(0-1-1-2)。2004年3着サニングデール、2007年2着プリサイスマシーンはいずれもスプリンターズS完敗から巻き返した。

【血統】~ミスプロ系がリード~
毎年のように施行されるコースが変化するレースだけに、血統面のデータは参考程度に。

複数の3着以内好走馬を輩出しているのは次の系統。

(父系)
Mr. Prospector系(4-2-1)
Nijinsky系(2-0-0)
Deputy Minister系(1-0-1)
Himyar系(0-2-1)
Danzig系(0-1-1)

(母系)
Roberto系(2-0-0)
Mr. Prospector系(1-1-2)
Nasrullah系(1-1-1)
Nijinsky系(1-1-0)
Danzig系(1-0-1)
ノーザンテースト系(0-1-1)

【実績】~ダートグレード競走での実績は不可欠~
3着以内好走馬の条件は次のとおり。

(1着馬)
その年にダートグレード競走を2勝以上していること。2001年ノボジャック(5勝~黒船賞、群馬記念、北海道SC、クラスターC、東京盃)、2002年スターリングローズ(2勝~プロキオンS、シリウスS)、2003年サウスヴィグラス(2勝~根岸S、北海道SC)、2004年マイネルセレクト(2勝~ガーネットS、東京盃)、2005年ブルーコンコルド(2勝~プロキオンS、シリウスS)、2006年ブルーコンコルド(2勝~黒船賞、南部杯)。例外は昨年のフジノウェーブ。地元重賞では敵なしの状況だったが、ダートグレード競走の実績はさきたま杯4着、帝王賞11着があるだけだった。休み明けにハイパフォーマンスを見せるという同馬の特徴、抜群のコース適性、そして相手関係が見事にマッチングして起こった“波乱”であったと言える。

(2、3着馬)
その年のダートグレード競走で3着以内があること。例外は2001年3着のフレアリングマズルと2004年3着のサニングデール。フレアリングマズルはこの年の南関牡馬クラシックを順に2、2、3着とまとめており、力のある所を見せていた。この年のダートグレード競走挑戦はグランシャリオC11着があるのみだったが、2歳だった前年に北海道3歳(現2歳)優駿2着、全日本3歳(現2歳)優駿3着という実績を残していた。サニングデールはこの年の高松宮記念馬であることから分かるように活躍の舞台は芝。ダートグレード競走での実績はガーネットS7着があるだけだった。この年のJBCスプリントはやや重馬場で行なわれ、勝ち時計は10秒台に突入。芝でG1を制するほどの潜在的なスピードを持つ彼には有利な馬場だったと解釈したい。



@TracksさんのBLOGはこちら・・・「@Tracks
スポンサーサイト
2008.10.28 Tue l JBCデータ集 TB(0) l top ▲

トラックバック

トラックバックURL
→http://jbc2008.blog86.fc2.com/tb.php/13-39e598c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。