上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
これまでに園田競馬場でオススメの飲食スポット、観戦スポットと紹介してきましたが、忘れてはならないのが人気の誘導馬マコーリーです。


同馬の人気ぶりは中々のもので、ステッカー、缶バッジ、ぬいぐるみなど、様々なグッズが販売されています。
SS1


そうそう、園田競馬場のグッズ売り場はスタンド1Fの東側にある兵庫の特産品コーナーという看板が出ているお店です。その名の通り、競馬グッズだけでなく、兵庫県が誇る県産物も販売しているお店です。ADONOS7グッズ(そのだ競馬ジョッキーによるユニット)も販売しています。

S45


話をマコーリーに戻しましょう。
色々ある同馬のグッズの中で、おすすめは「マコーリーキューピー」です。
S53


ご当地キューピーといえば、ご存知の方も多いでしょうか。キティ、キューピーが人気の2トップといった感じでしょうか。それ以外にも様々なご当地キャラグッズが発売されています。最近では北海道の人気キャラだった「まりもっこり」までもが全国展開するほど。日本全国ご当地キャラクターが販売されていないところはないといってもいいくらい、全国至るところにご当地キャラグッズが存在しています。


その、ご当地キューピーの園田競馬場版として、なんとマコーリーを被ったキューピーが誕生していたとは(^^;;

これには驚かされました。観光地キューピーは、これまで色々見てきましたし、JRAなどはサンリオとのコラボにより、お馬DEキティなどのグッズが充実していたりするのですが、競馬ご当地キューピーは観たことがありませんでした。おそらく日本の競馬場としては初なんじゃないかと思うのですが・・恐るべし園田競馬!!


軽いし、大きくもないので荷物にもなりませんし、競馬場土産には最適かと思います。

もちろん、JBCグッズも色々ありますので、こちらもお土産に是非どうぞ!!
S55




スポンサーサイト
2008.11.03 Mon l オススメ観戦スポット TB(0) l top ▲
このコーナーでは、オススメ観戦スポットの紹介ということですが、何と言ってもまず1番のオススメは第4投票所の付近です。

この前、場内の飲食店紹介でフードコートの紹介をしましたが、フードコートから右側(4コーナー側)に少し進むと第4投票所(2F建の建物)があります。

建物の右横にベンチがありまして、ここからは4コーナーから直線へと向かうデットヒートが見れる最高の場所です。

第4投票場3


更にコーナーよりへ行けば、スプリントが行われます1400m戦もスタートも見えます。運良くベンチに座れればラッキーでしょう。

そこがダメだったら投票所の2Fと1Fの中間にある踊り場は如何でしょうか?

第4投票所2


馬券購入も投票所の1F、2Fどちらにでも行けますし、丁度良い高さの場所にあるので、先に紹介したベンチやスタンド同様にエキサイティングなレースシーンが目の当たりで繰り広げられる事、間違いなしです。


ゴール前やパドックといったエリアは沢山のお客さんでごった返すと思われるので、第4投票所の辺りは比較的空いているのではないかという予測もあったりします。


次にオススメなのは、スタンド3Fの一般席エリアでしょうか。

特別観覧席などが関係者席となる為、雨風にあたらず観戦できるのは、スタンド3Fの一般席のみとなります。

かなり競争率が高い場所かもしれませんが、天候に左右されない観戦場所というのは、やはり良いものでしょうからね(私はパドック&ゴール前派なので、競馬はもっぱらアウトドア観戦ですが・・・)


あとはスタンドのベンチ席です。ちなみに↓写真↓ベンチ席すぐ上のガラス張り部分が、先ほど説明した一般席エリアです。
園田競馬場スタンド


ゴール前から4コーナー方面まで、ベンチ席は全て自由席ですから、早めに確保出来れば、競馬場全体を見渡すのは難しいことではありませんし、カラービジョンの近くに座れば、ビジョンも含めた観戦が可能です。

そして、観戦スポットと呼んで良いか悩みますが、左馬の文字が大きく書かれている2F踊り場でしょうか。レースコースは全く見えませんが、2F部分からのパドックは見やすくて便利です。

sonodahidariuma


とりあえず、混雑を少しでも緩和出来て、楽しく観戦できる場所を紹介させて頂きました。


ただ、どこの場所で観戦するにしても、相当な混雑が予想されます。譲り合いの精神で余裕を持った観戦を心がけたいところですね
2008.10.31 Fri l オススメ観戦スポット TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。