上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
早いものでJBCも8回目を迎えた。

JBC100001


第1回がつい最近のことのようにも思うが、
そのときの勝ち馬がレギュラーメンバー(クラシック)、
ノボジャック(スプリント)だったことを考えれば、
ずいぶん前のことのようにも思う。

JBCに対する意気込みも、
この8年間でだいぶ変わってきたように思う。
特にそれは中央の関係者に話をうかがうときに強く感じる。

JBCがスタートして何年かは、
たとえば夏から秋にかけて
ダートグレードのレース後などに勝利調教師に話を聞くと、
その後に行われるJBCのことは
あまり意識されていない方が多かった。

ところがここ何年かは、
早い時期から目標として
「JBC」を挙げてくれる関係者がなんと多くなったことか。

もちろん中央の厩舎関係者にとって、
ダート路線における最大の目標はジャパンCダートなのだろうが、
その前にJBCを使うのか使わないのかについて、
意識されている方がかなり増えた。


秋のダート路線の王道として、
JBCクラシック→ジャパンCダート→東京大賞典という路線が
完全に定着したということだろう。

JBC100000


今年は登録の段階からも中央勢の本気度がうかがえた。
スプリントもクラシックも、
最初に発表された選定馬が1頭も回避することなく、
それゆえ補欠馬が1頭も繰り上がることができなかったということ。


もちろん競馬は生き物である馬が主役ゆえ、
怪我をしたり、調子が悪ければ回避するということも避けられない。

とはいうものの、
選定馬からまったく回避馬がなかったということは、
すべての陣営が本気でJBCを目標にしていたと考えることはできる。

地方馬にしても、スプリント、クラシックともに
選定されていながら回避した馬は
1~2頭ずつしかなかったように記憶している。

地方競馬だけでなく、中央の関係者にも
それほどまでに注目されるようになったJBCをさらに盛り上げ、
大きなイベントにするには、
やはりレースのカテゴリーを増やすことが必要だろう。

JBC100005


本場アメリカのブリーダーズCをお手本に、
将来的にはレースを増やすということも
JBCの当初の理念として掲げられていたはずだ。


ただ、ダート競馬の現状を考えれば、
闇雲にレースを増やしたのでは、
メンバーが分散してしまい、
レースが興味を欠いたものになってしまう可能性は十分に考えられる。

そもそも地方競馬は、大井、盛岡、門別以外のコースでは、
さまざまな距離のレースを行うこと自体が難しい。

可能性があるとすれば、
牝馬限定戦と2歳戦の新設だろう。

牝馬限定のダートグレードは、
現状エンプレス杯のJpnIIまでしかないため、
JpnIをつくる意味は大いにある。

問題は2歳戦のほう。
すでに2歳馬によるダートの頂点として
12月中旬に全日本2歳優駿JpnIがあるだけに、
10月下旬から11月上旬に2歳戦のJpnIをやるには無理がある。

ただ、中央では2歳馬のダート路線があまり充実していないので、
JpnIIIの2歳戦なら増えてもいいように思う。

再来年の10周年あたりで、
JBCの拡大策として、
牝馬限定戦と2歳戦(もしくはどちから片方だけでも)の
JBCを新設するというのはどうだろう。



斎藤修さんのブログはこちら・・・
斎藤修の重賞ピックアップ
日々の覚え書き


スポンサーサイト
2008.11.03 Mon l JBCリレーコラム TB(0) l top ▲
JBCの企画の基になっているアメリカのブリーダーズカップ。
まさに競馬の祭典、お祭りだ。
と、まあ偉そうに言っているが、
僕がブリーダーズカップを見たのはたった1度。
10年前、1998年のチャーチルダウンズで行われた時だけなんだけれど。

BC2000


しかし、いいお祭りだった。次々に行われるチャンピオン決定戦。
ボクシングの各階級の王者が次々に決まっていくような
ワクワク感に満ちているのだ。

メインのブリーダーズカップクラシックは
後方から追い上げたオウサムアゲインがナイターのような照明の中を
冷たい空気を切り裂くように突き抜けてきた。

帰り道、オウサムアゲインの馬主の
リゾート会社アデナスプリングスのオープンカーが
シャンパングラスを手にして嬌声をあげる
着飾った若い女性を何人も乗せて走り去っていった。
お祭りはまだまだ続きそうだった。
BC1111


お祭りの前日のチャーチルダウンズは全国の有名アナウンサーが集い
実況を競うお祭り「レースアナウンサーデイ」。

お祭りの翌日からはチャーチルダウンズから車で
2時間ほどのキーンランドでお祭りのような
大規模なセリが行われていた。

日本でもレースアナウンサーの共演は
これまでいくつかの競馬場で行われてきた。

地理的な面は別にしてスケジュール的に
サラブレッドのセリの日程と合わせるのも
そう難しいことではないように思える。

そうしたものとのタイアップで
更にお祭り気分を盛り上げられないだろうか。

NM000


今年の園田ではJBC2レースの他に
3歳馬の重賞楠賞と
牝馬の重賞兵庫クイーンCの2つの重賞も
同じ日に併せて行われる。

JBCも順調に育ってお祭りの規模を
少しずつ拡大していって欲しいと思う。



佐藤泉さんの関連するサイトはこちら
旅の断片または日々の断想~racecallerの日常、非日常
ラジオNIKKEI
2008.11.02 Sun l JBCリレーコラム TB(0) l top ▲
JBC史上初めて2日間に分けて開催された
2006年、川崎でのJBC2競走。
例年のスプリントがマイルになったり、
とにかく異例なことばかりのJBCだった。
その一方で、地元のJリーグチーム、
川崎フロンターレの協賛レースが行われ、
パドックで馬を引く厩務員から
誘導馬の鞍上の厩務員までもがフロンターレの
ユニフォーム姿で登場するという、
いい意味で川崎らしい演出もあったのだが。

この年のJBC、
私は自分のサイト名で
取材パスを頂く機会に恵まれた。
普段とは違う距離感、角度で、
馬や騎手、調教師、厩務員らの喜怒哀楽に
接する機会を得て、
非常に勉強になった2日間でもあった。
そんな中で見た川崎JBC、
当時、非常に印象に残った二人の騎手について
書いてみたい。

1.山本茜(名古屋)
AKANE

初日、11月2日(木)のメインレースは
JBCマイル。
パドックに停止命令の声がかかり、
照明灯に照らされた14頭が
その歩みを一瞬止める。
整列し、一礼した騎手たちがそれぞれの騎乗馬に
小走りに向かい、馬に跨る。

パドックから細い馬道を通り、
検量室の前を通って、馬場に出る。
私はその細い馬道の脇で
出走する人馬を見ていた。
この場所はパドック側から続く芝生があり、
カメラマンたちが馬や騎手の表情を
追いかけている。
私は馬上のジョッキーたちの表情を見ていた。
大レースを前に緊張感を隠せない者、
気合のこもった表情を見せる者、
ポーカーフェイスを崩さない者、
その様子は色々だ。

ところが、である。
1人だけ馬上で不敵な笑みを浮かべる騎手がいた。
G1レース独特の雰囲気の中に自らがいることを
楽しんでいるかのような笑顔。
驚いた。
前年の同時期にデビューしたばかりの騎手が
大レースで見せる表情とはとても思えなかった。
私の隣で撮影していたカメラマンが思わずつぶやく。
「笑ってたよ、山本茜・・・」
大きなレースで騎乗しても緊張することはありません、
むしろ楽しいです、
と何かのメディアでそう答えていたのを
記憶している。
でもその言葉は本当だったのだ。
何かと注目を集めてしまう女性騎手。
しかし、その注目度の高さも
プレッシャーになってはいないのだろう。
だからあんな笑みを浮かべていられるのだ。
きっと、そうに違いない。

このレース、私は内田博幸騎乗の
ナイキアディライト(船橋)に注目し、
馬券を買っていた。
マイル戦ならきっと楽にハナを奪えて、
持ち前のスピードで粘りこんでくれるに違いない。
しかし、私のその期待は
あっさりと打ち破られてしまうことになる。
そのナイキアディライトに
キングズゾーンが競りかける展開となったのである。
そのキングスゾーンの鞍上はあの不敵な笑みの山本茜。
当時は南関東のNO.1ジョッキーだった内田博幸に
競りかけていく若手女性騎手がいようとは・・・。

ナイキアディライトは3~4コーナーで既に脚色が怪しくなり、
馬群に飲み込まれてしまう。
きっと山本茜とキングズゾーンのせいに違いない。
そのキングズゾーンも途中で脚が
なくなってしまったのだが。
この2頭、先着したのはキングスゾーン(8着)。
ナイキアディライトはキングスゾーンから
3/4馬身差の9着だった。
南関東トップジョッキーに果敢に競りかけて先着してしまった若手女性騎手。
凄い騎手が愛知にいたモンだ。
彼女の笑みとハナ争いに加わる様子の映像が
頭の中で何度もVTR再生されていたのを思い出す。

山本茜は現在、ニュージーランドで武者修行中。
来年の地元、名古屋でのJBCまでには帰ってくるのだろうか?
あの日の果敢なレースぶり、
不敵な笑みを是非とももう一度見たいのだが・・・。



2.岩田康誠(JRA)
YASUNARI


翌3日(金)のメインレースは
JBCクラシック。
優勝したのはタイムパラドックス。
このレース、2連覇となったこの馬。
既に8歳になっていた。
高齢馬となっても日本中の競馬場を飛び回り
活躍するそのタフさには頭が下がる。
凄い馬だなあ・・・、
という感想があちらこちらで聞こえてくる。

1着でゴール板通過後、
更にもう一回りし、
スタンドのファンに向かって
ガッツポーズを見せる鞍上の岩田康誠。
何人かのカメラマンが
その様子を撮るべく馬場に出る。
私もその後に続いた。

しかし、戻ってきた岩田の顔に
笑顔は全くなかった。
何となく青ざめているようにさえ見える。
厩務員が岩田とタイムパラドックスのところに
やってくる。
出迎えた厩務員に岩田が最初に話したのは
こんな一言だった。

「審議、大丈夫かなあ?」

着順掲示板に審議ランプがついている。
2周目第3コーナーで
マズルブラスト(船橋)の進路が狭くなったことに
ついての審議だ、とのアナウンス。
大型ビジョンにレース映像が流れる。2周目第3コーナー、
マズルブラストが躓いて後退する様子が映し出される。
そのマズルブラストの横にいたのは・・・、
タイムパラドックスだった。
岩田は自分が審議対象となっていることに
気がついていたのだ。

長い審議の結果は「失格馬及び降着馬はなし」との判定。
岩田康誠・タイムパラドックスの優勝は確定した。
採決室から岩田が戻ってくる。
口取り、勝利騎手インタビュー、表彰式、
この間、岩田が笑顔を見せることはなかった。
それどころか、
他の馬の走行を邪魔してしまったことへの
反省の弁ばかりが口から出てくる。
とても優勝騎手とは思えなかった。
反省し、落胆しているかのようにさえ、
私には見えた。

栗東などに出入りしている訳ではないので、
普段の「岩田康誠」がどんな人物であるか、
私はよく分からない。
しかし、あのレース後の彼の様子を見る限り、
「競馬」というものに対しては
とにかく真面目な人間であることだけは理解できた。
兵庫でトップを取り、
JRA移籍後も常にリーディング上位争いに
加わるほどの騎手なのだから、
当然のことなのかもしれないが。

その4日後のグリーンチャンネルで、
川崎で見た時とは
全く別人の岩田康誠を目撃することになる。
デルタブルースの馬上でマイクを向けられ、
馬を指差しながら
「ベリーハッピー!!ベリーハッピー!!
スーパーホース!!スーパーホース!!」
と叫ぶ岩田康誠。
オーストラリア伝統のG1、
メルボルンカップを制したのだ。
その様子を見ながら、
川崎で見た彼の青ざめた表情を思い出した。
あれほどまで「競馬」に真面目な男だから、
こうした舞台でもチャンスをモノにすることが
出来るに違いない。
トップジョッキーの貴重な一面を見ることができた
瞬間だった。

今年の園田ではどの騎手がどんな驚きを
我々に与えてくれるのか?
JBCは名馬とともに名手たちがその技を見せてくれる機会でもある。
彼らの手綱捌きも楽しみに園田に足を運びたい。


KANKANさんのHPはこちら・・・『WEEKEND DREAM』 
2008.11.01 Sat l JBCリレーコラム TB(0) l top ▲
JBCも回数を重ねてきたが、印象に残っているJBCをひとつだけ挙げろと言われたら、名古屋のJBCを挙げたくなる。


1日ふたつのG1という目新しさにテンションの上がった第一回の大井や、満場の観衆を集めた盛岡なども思い出深いのだが、それでも名古屋、なのである。

その理由は、とにかくお祭りとしてえらい騒ぎになっていたからだ。

名古屋JBC入場



まさか名古屋にこれほどのお客さんが集まるとは……というほどの来場者数。それに対して、スタンド・施設は当然ながらいつもの昭和テイスト。そのミスマッチは、見ていてなかなか興味深いものがあった。


ミスマッチという以前に、単純なオーバーフローも起きていた。事前にシミュレートはしたのだろうが、発券能力を超える来場者に対して現場はてんやわんや。お客さんも買い漏らしがあってはいけないので、自衛として早くに馬券を買い始める。結果として、「馬券を買う→パドックを見る」といった、倒錯した手順さえ発生していた。

JBC名古屋スタート前



こう書くと、現地のオペレーションがなっていなかったという話に聞こえてしまうかもしれないが、そういうことを言いたいのではない。

「すごい祭り」というムードが満場を覆っていたということである。


現地観戦者は、そのムードを味わっただけでも名古屋まで行った甲斐があったと思っているに違いない。私もその一人である。


今年JBCが行われる園田も、はじめてJBCが行われる競馬場である。もちろん発券体制など、事前の準備は万全にしてもらいたいし、お客さんがストレスを感じるシーンは作らないようにしていただきたい。

しかし、そんな準備をしようがなんだろうが、当日になれば「いつもと違う園田」「えらいことになっている園田」が現出することは確実なのである。

そして、それを味わうには現地に行くしかないのだ。

そうだ、名古屋といえば、JBCクラシックにおけるレイナワルツの3着もあった。東京などでは中継がレース途中で切れていた(発走が遅れたため)ので、現地観戦組の携帯には「どうなった?」というメールが殺到。それに対して、「レイナワルツが!」とだけ書いたメールを返信してみたことを思い出す(続けて「……3着」というメールもちゃんと送った)。

JBC名古屋1番




地元で行われるとてつもない祭りにおいて、地元馬が能力を200%出した走りをするというのは、やはりうれしいものである。そういう意味で、今年の兵庫勢にも期待したい。

書いているうちに、なんだかテンションが上がってきた。やはり、「JBCをはじめて開催する場でのJBC」というのは期待感が高まる。今年も園田に行くのが楽しみだし、そのうちに金沢や佐賀あたりでもなんとか……なんてことを考えてしまうのである。



netkeiba.comで連載中の『須田鷹雄 回収率向上大作戦』はこちら
須田鷹雄さんの日記『須田鷹雄の日常・非日常』はこちらです


2008.10.30 Thu l JBCリレーコラム TB(1) l top ▲
名古屋競馬場でJBCが開催されたのは2005年。何故だか、ずいぶん昔のことのように感じてます。今、友人らのブログを見て思い返しております。

僕は名古屋で競馬BAR「K-BAR うまなり」なる店を構えております。知名度も何にもない小さな店です。しかし、地元でJBCが開催されると知った時、何か協力できないものかと思ってました。

うまなりかんばん


そんな頃、店に来てくださったのがKさんでした。彼は競馬場の関係者でした。組合の人だけに任せてないで僕らも何かやらなきゃいかんとおっしゃいました。

そして、ファンの声を聞きたいとおっしゃいました。ヒマな店ですから大した協力はできなかったように思います。それでも、何度も足を運んでくださいました。ファンの声を直接組合の人に届けたいからと、僕らが意見をできる席を用意していただいたこともありました。

彼のアイディアでキャンギャル・井上オークス嬢も誕生しました。(ご協力してくださった井上オークス嬢ありがとうございました!)Kさんは本業をやりながらですから、かなりご苦労されていたようです。

JBC当日、僕はDonco(ドンコ)TシャツやDonco名馬コースターなどのグッズ販売をしてました。人・人・人で埋まったドンコを見て興奮を隠せませんでした。
コースター


これが地方競馬最高の祭典なのかと驚きました。Kさんもたくさんの入場者を見て喜んでいました。そして、Kさんはお世話になったからとグッズ販売をお手伝いくださいました。婦人会の方々にも声をかけていただき、お手伝いしていただきました。大した協力なんかできなかった僕はただただ感謝するばかりでした。


一日中グッズの売り子をしていたので、せっかくのレースは一つも生で見れませんでした。でも、売店のTVで見たJBCクラシックは忘れられません。4コーナーを回って先頭に立ったレイナワルツの姿を見て一気に血が沸騰しました。


「レイナーッ!!!児島ーっ!!!残せーーーっ!!!」


TVに向かって叫びました。残念ながら最後に差され3着でしたが、「がんばったねぇ!」とKさんら周りのみんなで喜び合いました。

後で友人たちに聞くとスタンドの方もあの瞬間は興奮のるつぼだったそうです。興奮冷めやらぬまま一日が終わり、夕暮れの競馬場でKさんが見せたホッとした表情は今でも忘れません。Kさん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。


慣れないビッグイベントに場内ではいろいろ問題もあったようですが、西日本で初の開催となったJBCは何とか無事に終わりました。

きっとKさんだけじゃなく、あらゆる関係者のみなさんがご尽力くださったからだと思います。JBCはビッグイベントに慣れていない地方競馬場にとっては大変なお仕事だと思います。


今年の園田競馬場でもきっと関係者の方々が、がんばってくださっているでしょう。当日は無事に素晴らしいレースを提供してくださることを期待しています。それから、来年はまた名古屋競馬場でJBCが開催されます。前回よりもより良い開催となるよう期待し、微力ながら応援したいと思います。


最後にちょっとだけ宣伝させてください。
僕の店「K-BAR うまなり」では11月限定カクテル「JBCクラシック」と「JBCスプリント」を用意しました。

JBCスプリント
JBCカクテル2

JBCクラシック
カクテルJBC




機会がありましたらぜひ、ご賞味ください。
もちろん来年の11月も作ります。地元馬の活躍をこのカクテルで乾杯できれば最高だと思ってます。
「K-BAR うまなり」HP http://k-bar-umanari.hp.infoseek.co.jp/


K-BARうまなりさんのBLOGはこちら・・・「うまなり日記~人生馬あり酒あり~

2008.10.30 Thu l JBCリレーコラム TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。